4月18日はお香の日! 漢字を分解すると…!?

 

あっという間に4月ですね。新しい生活が始まった方も多いのではないでしょうか

4月は実は、日本のお香文化にとって深く関わりのある月なんですよ。
日本で最初につくられた歴史書である『日本書紀』には、日本におけるお香の最古の記述があります。


595年4月のある日、淡路島の海岸にひと抱えもある木が漂着しました。
その木を島民が薪として火にくべたところ、大変芳しい香りが辺り一面に立ち込め、驚いた島民たちは急いで朝廷へ献上しました。
その木片を確認したのは聖徳太子で、沈香の存在を知っていた彼はすぐに沈水香木(沈香)だと理解したといわれています。


では、なぜ『お香の日』が4月18日になったのでしょうか?
(4月18日『お香の日』は、全国薫物線香組合協議会によって制定されました。)

『香』という字をよく見てみてください…。

「香」の字を分解すると、「一・十・八・日」の4つに分けることができますね。
「一十八日」つまり「十八日」と読めることから、「18日」がお香の日となりました。


 

お香の日ということで!
今日はちょっと”イイお香”を焚いてみるのもオススメです♬ お香をたくさん楽しんでくださいね!


商品についての質問・お問い合わせはこちらからどうぞ。

● お名前 必須

● ふりがな 必須

● メールアドレス 必須

● お問い合わせ内容 必須
商品在庫の確認について数珠修理・供養について【無料】香木査定依頼お香づくり体験についてその他お問い合わせ

◎ お香づくり体験について:下記から選択して下さい

● 添付ファイル ※3MBまで。添付データの無い場合、選択の必要はございません。

● お問い合わせ本文

関連記事一覧