【知りたい】失敗しない数珠の選び方

お盆の法事でお数珠をお使いになった方も多いかと思います。皆さんはどんなお数珠を使っていますか?

なかには、
「法事で久しぶりに使おうと思ったら見当たらなくて…」
「子供の頃のお数珠をそのまま使っている」
「自分専用のお数珠が無いので、親族に借りている」
という方もいらっしゃると思います。お盆の香源でも、お客様からそんな声をよくお聞きしました。

この機会に、自分にピッタリのお数珠を探してみませんか?迷わずお探しいただけるように、選び方のポイントを挙げました!参考までにご覧ください。

色や柄、材質で選ぶ

数珠には様々な色や柄、材質があります。選び方にはこれといった基準はありません!お気に召したものをお選びください。
この色や形は失礼にあたる!ということもありません。
何度も買い替えるものでもないので、愛着を持って使えるような、気に入ったものを選んでいただくのが一番です。

例外的に、東海地方や北陸地方では葬儀には白房の数珠、法事等の仏事には色房と使い分けられていることがあります。ご不安な場合は、お寺さんやご親族、地域の方に確認してからお選びくださいね。

ご自分の宗派から選ぶ

それぞれの宗派によって形の違いがあります。ご自分の宗派をご確認いただき、お好きなデザインのものをお選びください。

また、「別の宗派のお葬式に行く場合はどうすれば?」とのご質問をよくいただきます。
基本的には、ご自分の宗派の数珠をお持ちいただいても失礼にはなりません。
気になる場合は、どの宗派でもお使い抱ける八宗兼用タイプの数珠が便利です。
男性用では一重の片手数珠、女性用では二重になった数珠が、この八宗兼用タイプの数珠にあたります。

価格から選ぶ

ご予算に合わせてお選びください。
数珠は、素材によって価格が大きく変わります。同じ素材でも、その質によって変わることもございます。
当店では、厳選したものを職人から工夫して仕入れているため、良いものをお値打ちな価格で販売しています。
男性用では一重の片手数珠、女性用では二重になった数珠が、この八宗兼用タイプの数珠にあたります。

「そろそろ用意しておいたほうがいいかな…」
「そういえば、数珠を新しくしたかった!」
そんなあなたは、お数珠を買うのにちょうどいいタイミングかもしれません!

なにかあってから適当なものを慌てて用意するのも、なんだかもったいない気もしますよね。
この機会に、香源でこだわりのお数珠をみつけませんか?

関連記事一覧